加害者が自分の責任を放棄している

交通事故の加害者というのは被害者に対して必ずといって良いほどさまざまな保証をしていかなくてはなりません。
被害者の怪我などについて治療が終わるまで治療費を工面したり、通院費などについてもしっかりと保証を行うことが決められています。
またその他にも症状固定の後で後遺症が残っているようであれば、この後遺症に関してもしっかりと保証をしていかなくてはならないのですが、任意保険に加入していれば保険から賄われますので、自分自身が保証をするということはほとんどないといえるでしょう。

しかし保険に加入していなかった場合にはお金がないから保証しなくてもよいということにならず最悪は裁判ざたになり、自分の給料などを差し押さられた上で被害者に支払っていかなくてはならない義務があります。
被害者側としてはここまでの請求権があり、裁判で支払いを命じられることになれば、その後自分自身が取られて支払わないということはできず、前述のとおり給与の差し押さえなどが行われることとなります。

車をはじめとして、バイクなど車両を運転する人であればこのような義務についてもしっかりと把握しているのですが、自分が被害者になってしまった際に、加害者が不誠実な態度をとるといったケースもたくさんあります。
決して珍しい事ではなく、特に保険に加入していなかった場合には、加害者として支払うお金がないためうまく切り抜けようと考えていたり連絡が途絶えてしまうなどということがあります。
だからといって被害者側としては泣き寝入りをするわけにはいきませんので、徹底的に賠償問題について請求を続けていくようにしましょう。

 

事故が起きた時にどうすれば良いか

事故が起きたタイミングで必ず警察を呼ぶことがとても大切になるのですが、万が一にでも警察を呼ばないでくれと懇願するようなことがあればここで納得してしまうのではなく、絶対に警察呼ばなくてはなりません。
どうしても脅かされてしまい、加害者に逃げられてしまったという場合には、冷静に車のナンバーや車種などを覚えておくようにしましょう。
その後警察に通報し、しっかりと保証してもらわなくてはなりません。
もちろん当て逃げなどを行った加害者としては、その分の処分も重くなり、さらに被害者に対しての保証についても問われることとなります。

 

加害者と連絡が取れない場合

事故が起きた直後は加害者が被害者に対して自分の連絡先などを教えることがあっても、その後保証問題に発展していくと、被害者からの電話連絡等について全て無視してしまうという加害者もいます。
このような加害者というのは責任を放棄していることになりますから、徹底的に請求して保証を受けるためにも諦めずに連絡を続けていくことが大切です。

また連絡を続けていく中でいつまでも連絡が取れないのは被害者にとって非常に大きな損失となってしまいますから、加害者への連絡を続けるとともに、弁護士に相談し弁護士からしっかりとした内容証明を発行してもらうと良いでしょう。
加害者に対して、あなたは被害者への保証をしなければなりませんといった内容を送付してもらうことによって、加害者としてもいつまでも逃げていられるわけではなく、しっかり対処しなければならないことがわかります。
被害者側として本気で弁護士に相談し保証問題について解決するまで追いかけていきますという姿勢を見せれば、それ以上逃げきれないと思い、加害者側としても誠意のある対応をするしかなくなりますから、被害者は決して諦めることなく加害者側に対しての請求を行っていくようにしましょう。